2019年3月31日日曜日

リル・ウージー・ヴァート「Free Uzi」



 リル・ウージー・ヴァートが帰ってきた。それもただのカムバックじゃない。“ウージー”(機関銃)の名に恥じない、超強力なライムの弾丸をフル装填しての帰還である。彼がマンブルラッパーと呼ばれていたなんて信じられようか。
 ウージーのことを“リル”(短小)だからって甘く見てはいけない。復帰曲「Free Uzi」ではそれを逆手にとって、「背は高く(トール)ないけど、運動選手みたくガッポリ稼いでる(ボール)」と言ったかと思えば、さらに懐具合を顕示するために

We served them packs in the net, we get them racks like Serena
(インター/テニス)ネットでモノを売りさばいて(サーブして)、セリーナ(・ウィリアムズ)みたいにラックス(札束/ラケット)を手につかむ。

なんて高度なライムもやってのけているのだから、あっぱれというほかない。

 この曲に対してリル・ウェインを引き合いに出してくるあたりが、さすが折り目正しいラップナードのアール・スウェットシャートである。「しゃぶられて(ヘッド)、俺の息子の“首”は刎ねられた」(つまり、斬首された生首が血しぶきを上げるように“噴いた”ってことね♡)といったラインにみられる言葉の選び方や表現——グラフィカルな性豪描写——がウィージーイズムを感じさせる。究極の知的遊戯たるラップの醍醐味、ここに極まれり。僕が聴きたかったのはこういうラップなのだ。マンブルラップやエモラップを白眼視してしまうのは、ラップに主張や社会的意義(いわゆる“メッセージ”ってやつ)を感じないからでも、ましてや軽佻浮薄なのが嫌いだからでもなく、単純におもしろくないからなのよねえ。今年の最優秀楽曲賞はリル・ウージー・ヴァートの「Free Uzi」に決定。



2019年3月24日日曜日

ロジック「Confessions of a Dangerous Mind」



「新しい番組の企画を思いついた。名づけて年寄りゲームだ。3人の老人に弾を込めた銃を持たせる。彼らには人生を振り返ってもらい、成し遂げたことやどれだけ夢を実現できたかを競わせるんだ。優勝者だけが頭を吹っ飛ばされない。賞品は冷蔵庫」ーーチャック・バリス(映画『コンフェッション』最後のモノローグより)

『YSIV』(18年)でああでもないこうでもないと逡巡したすえに、ロジックは実存をめぐる葛藤に終止符を打ったとばかり思っていたが、「Confessions of a Dangerous Mind」を聴く限り、どうやらそれは早合点だったらしい。ロジックはまだ悩んでいる。
 SNSの普及によって、ロジックのような有名人は四六時中、衆人環視の状態に置かれ息苦しさのなかに生きている。彼らのやることなすことには、批判とは名ばかりの誹謗や中傷がつきまとう。俺たちラッパーが心を病んで酒やクスリにおぼれるのはどうしてだかわかる?(あんたらがいっぱしの批評家を気取って垂れ流す放言のせいだからね!)とロジックは言うが、連中は聞く耳をもたないだろう。神経をすり減らした果てに命を落とさなければならないなんて、有名税にしてはいくらなんでも代償が大きすぎる。ロジックの頸動脈からドクドクととめどなく流れ出る血が、その苦しみをありありと物語っている。

 聞く耳をもたないといえば、次作『Confessions of a Dangerous Mind』の着想元と思しき同名映画(02年)のラストシーンでは、主人公の男がそれまで隠していた自身の秘密ーーCIAの工作員として暗殺の任務についていたーーを妻に打ち明けるが、彼の話は一笑に付されまるで信じてもらえない。
 普段は売れっ子テレビプロデューサー兼司会者として活躍する主人公チャック・バリスは、マスコミや視聴者からの辛辣な批判、恋人とのすれちがい、そして裏稼業との二重生活に疲弊して精神のバランスを崩してしまう……あれ、これと似たような話をどこかで聞いたことがある気がするぞ。そういえば、主人公を演じるサム・ロックウェルとロジックの顔もどことなく似てやしないか。果たしてロジックの告白する“危険な心”とはいかに?(つづく)

Logic - "Confessions of a Dangerous Mind"

<Relate Articles>


2019年3月17日日曜日

テヤナ・テイラー「Issues/Hold On」



 テヤナ・テイラーの「Issues/Hold On」のミュージックビデオでは、主演のテヤナとエイサップ・ロッキーおよびカメオ出演しているエイサップ・ファーグをはじめ、みんながこぞって70年代風の衣装に身を包んでいるのに、タイラー・ザ・クリエイターだけはバケットハットにポロシャツといういつもの普段着のまま出ている。それにもかかわらず、まったく違和感なく溶け込んでいるのがすごい。時代にとらわれないタイラーのような着こなしこそ、真のおしゃれなのだ。


Teyana Taylor - "Issue/Hold On"

『Flower Boy』のタイラーは好きだったんだけどなあ



「“『Flower Boy』のタイラーは好きだったんだけどなあ”ーー2020年のアホたれども」

 タイラー・ザ・クリエイターがツイッターの自己紹介欄を更新し、次作のリリースが2020年になることを示唆するような一文を書いている。あいかわらず洒落っ気たっぷりである。これは次作が『Flower Boy』(17年)とは方向性の異なる作品になるという宣言なのだろうか。あるいは、どんな作品を作っても毎度うじ虫のごとく湧いて出てくるアンチ連中への牽制とも取れるし、翻ってそれは重圧や不安の裏返しとも解釈できそうだ。

ソランジュ『When I Get Home』発表に寄せて(文:タイラー・ザ・クリエイター)



 タイラー・ザ・クリエイターが自身も参加しているソランジュの新作『When I Get Home』(19年)にメッセージを寄せた。以下は拙訳なり。

このアルバムは感情だ。
心のおもむくままが表現されている。
彼女は画廊に飾られることなんて
まったくのおかまいなしに
絵を描いてるみたいなんだ。
ヒューストンで過ごした幼少期の記憶
を辿っていくかのよう。'lacs'から'drank'、
そして全編にわたり(彼女の目を通して見た)
南部らしい暖かなトーンで貫かれている。
彼女のような視点をもったひとは
ふたりとしていない(ちなみに俺の
お気に入りは'clique'だけどな)。
こんなに美しい作品に参加できて
本当にしあわせ。
あなたがみずからのアイデアを
望むとおりのかたちにしたということが
嬉しくてたまらないんだ!
まるですべてが軌を一にするようで、
こんなに均整のとれた作品を
享受できることにわくわくしてしまうし、
真の感情というものに触れて、
これからも脇目を振らずに自分の道を進もうと
ふたたび奮い立たせられた。
すばらしい音楽をありがとう、ソランジュ。
これはあなたの最高傑作。




Solange - "Almeda"

<Related Article>


 

T H A T S * I T C R A Y ! Copyright © 2011 -- Template created by O Pregador -- Powered by Blogger