2017年7月30日日曜日

タイラー・ザ・クリエイター『Flower Boy』〜フラワー・ボーイは依然ローン・ウルフなり



 あのタイラー・ザ・クリエイターが真っ当に病んでいる。“真っ当に”病んでいる、とは奇妙に聞こえるかもしれないが如何に。裏を返せば、これまでのタイラーは“異常に”病んでいたと言えるだろう。
 タイラーの過去作は、彼の頭の中に巣食う複数のオルターエゴが入り乱れる、病んだ(という設定の)作品だった。処女作『Bastard』(09年)とメジャーデビュー作『Goblin』(11年)では、頭の中の囁き声に悩まされるタイラーが、精神科医ドクター・TCのカウンセリングを受けるという設定で物語が展開された。囁き声の正体は、ウルフ・ヘイリー、トロン・キャット、エース・ザ・クリエイターといったタイラーのオルターエゴたち。M・ナイト・シャマラン監督作『スプリット』(17年)の如く、タイラーと別人格たちのスリリングなせめぎ合いが繰り広げられた。そうした多重人格的なストーリーテリングの手法は、続く『Wolf』(13年)にも引き継がれる。『Wolf』の舞台は、キャンプ・フログ・ノーと呼ばれる寄宿学校。ウルフ(タイラー)は前二作品で見られた奇行が原因で、この寄宿学校に送られたのだった。物語は、いじめ被害の末に銃乱射事件を引き起こした乱暴者のサム、サムの恋人セイラム、そしてウルフの恋の三角関係を描く。ところが、5thアルバム『Flower Boy』(17年)に至ってタイラーはこう言っている「存在しないひとについて曲を書くのは、いんちきだ」。

『Flower Boy』でも、タイラーは病んでいる。しかし症状が『Bastard』や『Goblin』のときとは異なる。その症状は、アルバムの一曲目「Foreword」から早くも顕著だ。この曲の歌い出しは、タイラーの趣味であるドライブについて歌われるのだが、前作『Cherry Bomb』(15年)に収録された「2SEATER」での快走ぶりとは打って変わって、楽しげな様子は微塵もない。溺死や衝突事故に思いを巡らし、漠然と不安に駆られる、鬱病的な様子がうかがい知れる。こうしたタイラーの沈鬱な気分は「911/Mr. Lonely」で最底辺へと落ち込む。車を何台所有したところで、助手席に座ってくれる人のいない“ミスター・ロンリー”こと、タイラーは孤独に陥っている。傍目には、いつも大勢の仲間に囲まれ、ワイワイ、ガヤガヤと楽しく過ごしていそうに見えるタイラーだが、それは見せかけで、心のうちは死ぬほど孤独だという("the loudest in the room is prolly the loneliest one in the room")。かつての分裂症的な、異常な病み方こそ見られないが、いまのタイラーは孤独という病に罹っているように見受けられる。


Tyler, The Creator - "911/Mr. Lonely"

 ただし、初期作品を振り返れば、タイラーが孤独に苛むのは、今に始まった事ではない。

 タイラーが分裂症的な表現手法を用いたのには、父の不在という生い立ちがトラウマとなって大きな影を落としている。『Bastard』の主題が父の不在であることは、そのタイトル「私生児」からも一目瞭然だ。『Bastard』作中では、タイラーを捨てた父のことを口汚く罵る、恨みつらみの言葉が随所で吐き出されるが、それはそんな父を憎んでいる一方で、思慕する気持ちの裏返しともとれる。そのことは、後年タイラーが発表する、父の愛情を渇望する赤裸々な気持ちを綴った「Answer」を聴けばわかる通り。タイラーは父の声を聞きたくて呼出音を鳴らし続けるが、応答はない。
 電話という舞台装置、そして届かぬ一方通行の想いというモチーフは『Flower Boy』でも反復される。「November」と続く「Glitter」の二曲では、恋心を歌詞にしたためて、留守番電話に吹き込み告白をするも、電波環境が悪く、その想いはやはり相手に届かない。
 再び過去作に目を向けてみれば、プロムの誘いを断られた逆恨みから、拉致、監禁という凶行におよぶ「Sarah」、デートに誘い出して死姦を夢想する「She」といった曲も、猟奇性ばかりが注目されがちであるが、それら奇行の根底にも、常に片想い*1がある。

Tyler, The Creator - "She"

 このように、タイラーはこれまでずっと一貫して、片想いや孤独について歌ってきた。それら一方通行の想いについて歌った多くの楽曲とは対照的に、互いに惹かれあい、両思いの恋人になれるにも関わらず、年の差を理由に、わざわざ彼女の求愛を拒絶する「FUCKING YOUNG」という曲まであるぐらいで、タイラーの抱える孤独はどうしようもなく深い。まさしく別人格のその名が示す通り、一匹狼(ローン・ウルフ)というわけである。
「存在しないひとについて曲を書くのは、いんちき」と虚構を否定するようなことを言いながら、「Who Dat Boy」のミュージックビデオでは、“95年のレオナルド・ディカプリオ”と呼ばれる、おそらく空想上の美青年が、タイラーの運転する車の助手席に座っている。このディカプリオ似の青年は、孤独に苛むタイラーが作り出した欲望の具現なのかもしれない。

Tyler, The Creator - "Who Dat Boy"

*1:「Foreword」に客演参加している英シンガーソングライターのレックス・オレンジ・カウンティは、自作で「片想い」について、自虐的に(「僕のことを嫌いでも気にしないよ/もし僕が君の立場なら、僕もきっと僕なんか好きにならないからさ」)歌っており、『Flower Boy』のオープニング曲を担う人物としてはうってつけである。

Rex Orange County - "Untitled"

<Related Article>




2017年7月23日日曜日

"GANGSTER DOODLES" ART EXHIBITION@BOOKMARC



 原宿のBOOKMARCで開催されている、ギャングスター・ドゥードゥルズ(GANGSTER DOODLES)の個展がたいへん素晴らしかった! 付箋の「ポストイット」に描かれたギャングスター・ドゥードゥルズのイラストは、どれも愛嬌たっぷり。クリーム色の正方形のキャンパス上で躍動する、タイラー・ザ・クリエイター、チャイルディッシュ・ガンビーノなど大好きなポップカルチャーのアイコンたちに心踊りまくり。無数のポストイットが壁いっぱいに貼られた会場の風景も壮観。作品の中には、ドレイクが卓球ラケットを振る「Hotline Bling」のミームや、写真家テリー・リチャードソンが撮ったアール・スウェットシャツなど、通好みするユニークなイラストも数多く、ニヤリとさせられる。このたび出版された作品集『GANGSTER DOODLES BOOK』とオリジナル・トートバッグを購入した。在廊中のギャングスター・ドゥードゥルズさんにサインまでもらえて大満足。サインをもらうとき、名前を入れてあげるから教えてと差し出されたメモ用紙は、やはりポストイットなのでした。


ロジック『Everybody』ツアーの前座がジョーイ・バッドアス




 2017年のベストパンチライン曲候補のひとつが、ジョーイ・バッドアスの「Amerikkkan Idol」。生まれた国や育った環境は違えど、気持ちはわかる。「カネがすべて。死んだ大統領がすべて。だって生きた大統領は何も代弁してくれないから(大意)」。

 トランプ大統領については、『ALL AMERIKKKAN BADA$$』(17年)の作中で、「根性のあるやつは叫べ、“ファック、ドナルド・トランプ”」と勇ましく声を荒げていたりするけど、不満をぶちまけるだけじゃないところに、いたく感心。ロジックの『Everybody』ツアーで前座を務めるのがジョーイというのは、とても筋の通った人選である。ジョーイの「Temptaion」という曲でサンプリングされている黒人少女のスピーチは、ロジックのアルバムで使われていてもおかしくない。「世界を変えるには、まずは自分が変わらなきゃ」とは、「Land of the Free」におけるジョーイの言葉だが、ロジックが『Everybody』で伝えようとしたアティチュードと共鳴するものがそこにはある。



Joey Bada$$ - "Amerikkkan Idol"

2017年7月17日月曜日

Funk Wav Bounces〜w*** a** verses



 ラップが主役の作品ではないけれど、客演ラッパーがことごとく死んだように面白くないのは、制作する上で意図的なディレクションがあったからなのだろう。「皆さま、本作におかれましては、いつものハードなラップはどうかご遠慮ください。私ごときが皆さまに対して注文を付けるなんて、おこがましいにも程があるのは重々承知しておりますが、本作では、南国のリゾートをイメージしたような作品を目指しておりまして、例えば、DJキャレドさんの作品に参加された方々があちらで録音されたような、好戦的な歌詞や過度な財産の自慢、性的な隠喩などは、なんと申し上げましょうか、少し方向性が違うと申しますか。ご存知ないかもしれませんが、小生、以前はEDMという音楽をやっておりまして、手前味噌で恐縮ですが、そこそこ人気のあるDJでございます。そのときに一財産築いておりますから、と申しましても、もちろん皆さまと比べれば足元にも及びませんけど(苦笑)、ギャラの方は、それはもうたんまりとお支払いさせていただく所存ですので、どうか今回はあまり力まずにお願い申し上げます」。本作の客演陣のラップを聴いていると、昼の情報番組に出ているときのお笑い芸人を観ているような気分になる。もしくは、気が抜けたコーラを飲んでいる時の気分。大衆向けに取り繕われた、腑抜けた感じ。タイトルの「Wav」は、wack ass versesの略なのかと考えたくなる。彼らの中で唯一、リル・ヨッティだけがいつもの調子のように聴こえるのが、皮肉にも本作のラップの質を物語っているように思う。ただし、あろうことか、"LIT"でないトラヴィス・スコットという、たいへん貴重な録音が聴けるので、カルヴィン・ハリスの『Funk Wav Bounces Vol. 1』はおすすめです(STRAIGHT UP!)。

2017年7月16日日曜日

ロジック『On Air with Ryan Seacrest』に出演




 ロジックの『Everybody』(17年)について書いたとき、チャイルディッシュ・ガンビーノの境遇との類似点について指摘したのだけど、ラジオ番組『On Air with Ryan Seacrest』でロジックが話したところによれば、作品への不当な評価に思い悩んでいたときに、ガンビーノから助言をもらったという。「最高のラッパーを目指しているのか、それとも最高のエンタテイナーを目指しているのか、どっちなんだ?」というガンビーノの言葉によって、ロジックはそれまで悩んでいた心を解き放つことができたらしい。ガンビーノがそのような助言を授けたのは、言わずもがな、彼にもロジックと同じく、ラップ論壇に辛酸を嘗めさせられた悔しい経験があるから。我が意を得たり。「Black SpiderMan」のガンビーノ参加版リミックスにも期待。


Logic on Becoming Happy, Advice From Childish Gambino + More w/ Ryan Seacrest



『テロリストの息子』とコカイン中毒の息子ロジック



 ロジックの楽観主義には心底感服してしまう。『Tavis Smiley』というトーク番組に出演したときも、どうしてそんなに楽観主義でいられるのかという点について質問が及んでいるけど、ロジックの作品を聞いて、彼の生い立ちを知れば知るほど、そう尋ねたくなるのは当然である。コカイン中毒の父をはじめ、曲中で語られるロジックの生い立ちは、想像を絶する悲惨なものだ。ロジックの父は彼が生まれたとき、すでに蒸発。母は父と同様、薬物中毒でアルコール依存症。ドラッグの売買に手を染める兄によって、家の中には薬物や銃が持ち込まれる。犯罪の温床となった家では暴力が横行し、性的暴行を受ける姉や母の血によって床は汚れている。そうした劣悪な家庭環境に加えて、バイレイシャル(混血)であるロジックの生まれ持った白い肌が、彼をさらに苦しめる。兄弟姉妹は肌の色が異なる彼を養子扱いし、母は息子をNワードで呼ぶというひどい有り様。一方、学校では同級生からクラッカー(貧乏白人)と呼ばれてからかわれる。気持ちは黒人のつもりでも、見た目は白く、白と黒どちらのコミュニティにも属せないロジック。彼の引き裂かれた自我は想像を巡らすだけでも辛い。これでは世を恨んで、犯罪の道に引きずり込まれても何ら不思議でない。それでもロジックは力強く唱える、「平和、愛、楽観主義」と。

 どうしたらそんなに楽観主義でいられるのだろうか。そう考えていたときに、ふと思い出して本棚から手に取ったのが『テロリストの息子』という本である。

 物騒なタイトルは、著者のザック・エブラヒムとその父エル・サイード・ノサイルのことを指している。ザックが七歳の時、父ノサイルはユダヤ防衛同盟の創設者を銃撃して殺害した。さらに、服役中に世界貿易センタービルの爆破を仲間とともに計画し、終身刑プラス十五年の有罪判決が下されている。本書は、テロリストの父によって翻弄される家族の苦難の歩みを、息子ザックが回想形式で綴ったノンフィクション作品。父による銃撃事件後、ユダヤ教団体から殺害の脅迫を受けるようになったザックたち家族は、逃げるように引越しを繰り返す。しかし、どこに居を移しても、テロリストの家族というレッテルがつきまとい、学校でのいじめや道端でのいやがらせなどの迫害に逢う。世界貿易センタービル爆破事件後は、離婚を決め、名前も変え、ようやくテロリストの父の呪縛から解放されるのだが、母の出会った再婚相手がとんでもないDV男で、家族は再び暴力に怯える日々を過ごす。

 ところで、本書の英語原題には『The Terrorist's Son: A Story of Choice』という副題が付けられている。この副題が意味するのは、怒りや憎しみのなかに育ちながらも、それら負の感情を断ち切り、今は平和や非暴力を広める活動を行っている、ザックのとった「選択」のことである。

 本書を読み終えた後、冒頭に引用されたマハトマ・ガンディーの言葉「人間は思考の産物にすぎない。思考がその人をつくる」がずしりと胸に響く。ガンディーのこの言葉は、ザックの生き方を言い当てているのはもちろんのこと、彼だけでなく、不幸にも彼とは反対に憎しみを選択をした、父ノサイルについても当てはまるように思う。思考が人に与える影響は、良い影響だけとは限らない(ノサイルはもともと家族思いの良き父であった。しかし、信仰するイスラムの布教活動の一環で家に泊めた女性訪問客のひとりが、賠償金目的のためにノサイルからのレイプ被害をでっちあげる。嫌疑は晴らされたものの、この一件は彼の心に深い傷を負わせた。立て続けに彼の身に起きた仕事場での事故という不幸も重なり、すっかり疲弊し精神を病んだノサイルは、次第にイスラム原理主義の思想に傾倒していき、やがて凶行に及ぶことになる)。
 ザックがそうしたように、負の連鎖を断つという選択をしたのは、十七歳のときに地獄のような家庭環境から抜け出して、音楽を通じて「平和、愛、楽観主義」を伝えるロジックもまた同じである。人間は思考の産物にすぎず、思考がその人をつくるのだということを、ロジックの生き様からも、まざまざと思い知らされる。


Logic Talks Everybody, Anziety, Marriage, Education + More with Tavis Smiley


テロリストの息子に生まれてーー平和への道を選んだ軌跡


Logic - "Take It Back"

<Related Article>




2017年7月9日日曜日

タイラー・ザ・クリエイター『Scum Fuck Flower Boy』のアートワーク



 タイラー・ザ・クリエイターの5thアルバム『Scum Fuck Flower Boy』(17年)のアートワークが公開された。最高。デザインを手がけたエリック・ホワイトへのインタビューでは言及されていないけど、タイラーのツイッター、フェイスブックページのヘッダーに使われている、写真家ロバート・モーゼズ・ジョイスの作品を参照していると思われる。

<Related Articles>


21サヴェージ「Bank Account」〜その男、凶暴につき



 メトロ・ブーミンの裁定*1を待たずしても、21サヴェージは撃つ。撃って、撃って、撃ちまくる。言うまでもなく、それ故に彼は“サヴェージ”なのだ。物騒な話ばかりの21サヴェージの歌のなかで、わけてもゾワっとしたのは「お前、本当に人殺したことあんの? 始末した野郎のオカン泣かせたことあんの?」という一節。シンプルな言葉ながらも、息子の命を奪われた母が悲嘆に暮れる光景は、「撃つ、殺す」などの直接的な表現以上に残酷だし、また、命を奪われた側だけでなく、奪う側にも痛みが伴うのだ(泣く母の姿は殺った方としても見るに忍びない。お前には覚悟があるのか。そうでないなら軽々しく殺すなんて口にするな)という、殺人という重大行為の業についても考えさせられる秀逸なリリックだと思う。この男、かように凶暴につき、「Bank Account」という曲の「俺は全身グッチ、お前ごときにはラコステがお似合い」というリリックからは、ワニをライフルで蜂の巣にして八つ裂きにする、そんな本来含意されている以上に(異常に)凶暴な姿を想起させられる。


*1:If Young Metro don't trust you, I'm gon' shoot you

2017年7月4日火曜日

続・1995年のレオナルド・ディカプリオ



 タイラー・ザ・クリエイターの「Who Dat Boy」が発表されてからというもの、来たる5thアルバム(『T5』『Scum Fuck Flower Boy』?)への期待が募るばかり。一刻も早くアルバムの全容が知りたくて、じっとしていることができず、情報収集のためにラップファンのコミュニティサイト「KanyeToThe」のタイラー掲示板をこまめに訪問している。この場所で飛び交う話題のなかには、憶測の域を出ない信憑性の低い書き込みも少なくないのだけど、彼らのサーチ力と想像力の逞しさには圧倒される。「Who Dat Boy」のミュージックビデオに登場する「95年のレオナルド・ディカプリオ」に瓜二つの謎の美青年の正体も特定されていた。
 彼の名前はタッカー・トリップ。彼のホームページを見る限り、写真や映像作品を撮って活動している人物のようだ。これまでに、トラヴィス・スコットのビデオブログ「LA FLAME」、「i-D」によるタイラーとマイキー・アルフレッドの対談フィルムの製作を手がけている。また、やはりルックスが良いからか、「Who Dat Boy」のほかにも、ブラッド・オレンジの「Best to You」のミュージックビデオにも出演している。


Tyler, The Creator - "Who Dat Boy"


LA FLAME


i-D Meets: Tyler, The Creator and Mikey Alfred (Illegal Civilization)

<Related Articles>



2017年7月2日日曜日

T5 / Scum Fuck Flower Boy



 巷の噂によれば、タイラー・ザ・クリエイターの5thアルバムは『T5』、もしくは『Scum Fuck Flower Boy』になるらしいですよ。本当なんすかね。

<Related Article>

1995年のレオナルド・ディカプリオ〜タイラー・ザ・クリエイター「Who Dat Boy」



 タイラー・ザ・クリエイターの新曲「Who Dat Boy」のミュージックビデオを靄(もや)のように覆う、不穏で怪しげな雰囲気は、紛れもなく『Bastard』(09年)、『Goblin』(11年)など初期作品群のそれである。前作『Cherry Bomb』(15年)は、それまでの三作品で展開された、タイラーとオルターエゴたちの物語から一転、「自己実現」を作品の主題に掲げ、若者を鼓舞する陽性の作品だった。ところが「Who Dat Boy」においては、またしても不気味なシンセが鳴り響く、陰気な作風に立ち返っているように見える。

 ミュージックビデオは、タイラーが愛車のマクラーレンを爆走させ、警察車両の追跡から逃げるところで終わる(暗転してもうひとつの曲「911」のパートに切り替わる)。皮膚の移植手術を施され、まるでお面を貼り付けたかのような不気味な顔をしたタイラーが運転する車の助手席には、謎の美青年が座っている。カメラがこの美青年の爽やかな笑顔を捉えたところで、タイラーはこう歌っている「95年のレオを探してる」。ここでいう95年のレオとは、レオナルド・ディカプリオのことである。というのも、ミュージックビデオの冒頭、暗がりの部屋で作業を行うタイラーの頭上には、ディカプリオ主演の映画『ロミオ+ジュリエット』(96年)のポスターが飾られているのが確認できる。また、この美青年の着る青い柄シャツは、明らかに『ロミオ+ジュリエット』でディカプリオが着用していた衣装を模したものである。でも、どうしてディカプリオなのだろうか。彼は本物のディカプリオなのだろうか。本物だとすれば、若き日のディカプリオがどうして存在しているのだろうか。クローン技術による複製か、はたまたタイムマシーンで過去に遡り、連れて来たのだろうか(冒頭でタイラーは火花を散らしながら何かを作っているように見受けられるのだが、ディカプリオの存在と関係があるのだろうか。爆発の閃光で一瞬映る手元には時計が見えるのだけど、あれはタイムマシーンだったりして。タイラーは過去に「95年のレオと結婚したい。タイムマシーンが欲しい」との発言もしている)。そういえば『ロミオ+ジュリエット』では、(&の部分を+で表したタイトル表記然り)十字架が印象的に使われているけど、十字架といえば、オッド・フューチャーもたびたび使用してきたモチーフであり、やはりあの頃の暗い陰気な作風に回帰しようとしているのだろうか。ミュージックビデオに制服警官が登場することから、「She」との関連性を疑う声も聞かれる。「911」パートでタイラーが四人映っているのも、オルターエゴの存在を想起させるようで気がかりだ。考えれば考えるほどに、謎は深まるばかり。あの美青年は何者なのだろうか...(who dat boy)。


Tyler, The Creator - "Who Dat Boy"








 

T H A T S * I T C R A Y ! Copyright © 2011 -- Template created by O Pregador -- Powered by Blogger