2015年9月27日日曜日

F・ゲイリー・グレイ『ストレイト・アウタ・コンプトン』



 ニューヨーク滞在中にN.W.A.の伝記映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』(15年)を観た! 鑑賞場所はマンハッタンのミッドタウンにあるAMC Loews 34th Street 14という劇場。封切りから日が経っているためか、夜の遅い上映回だったためか、お客さんは僕のほかに5組くらいだけでしたが、人生初の海外での映画鑑賞は強烈な体験となりました。声に出して笑う、文句を言うなど海外の映画館における客の鑑賞態度についてはよく耳にしていたけど、本当にその通りでヴィヴィッドな反応が面白かった。『ストレイト・アウタ・コンプトン』序盤、N.W.A.を結成するも頭数が足りなくなり、仕方なく自分もラップをするはめになったEazy-E(イージー・E)。彼が慣れないラップに悪戦苦闘する姿をコミカルに描いたシーンでは観客一同大爆笑でした。また物語中盤、ライブ開演直前に警察から「Fuck Tha Police」の演奏を自粛するよう脅しをかけられるも強行披露する場面では、Ice Cube(アイス・キューブ)が中指を立てるよう求めると、スクリーンの外で映画を観ている観客も一緒になって中指を突き立てていた!。臨場感たっぷりのライブシーンをはじめ、アクション映画さながらの警官隊との攻防戦、メンバー通しあるいは悪漢Suge Knight(シュグ・ナイト)との確執を描いた人間ドラマ、N.W.A.以外にも登場するヒップホップ・ファンにはおなじみのあの人やこの人などなど、見所たくさんの本作。そのなかでも僕が一番好きなシーンは「ラップなんてアートじゃない」と馬鹿にしていた大人たちの予想を気持ち良く裏切る形でデビューアルバム『Straight Outta Compton』(88年)が大ヒットし、ライブツアーで訪れた先のホテルでの一場面。Dr. Dre(ドクター・ドレー)が綺麗な女性とベッドでいちゃいちゃしていると、部屋のドアを何者かがノックする。ドアの前には巨漢が立っていてガールフレンドを探していると言う。ドレーはちょっと待てと言い残し、部屋に戻る。観客はてっきりドレーといちゃついていた女が、男の探しているガールフレンドかと思いハラハラするわけだが、実はその部屋は隣室とつながっていて、隣ではN.W.A.の面々がグルーピーの女性を山ほど連れ込んで酒池肉林のどんちゃん騒ぎを繰り広げていたのだった! ドレーから事情を聞いたN.W.A.のメンバーはベッドをひっくり返し、隠してあった銃火器を手にホテルの廊下へ躍り出て、男を退散させるのであった(武装したN.W.A.が陣形を組んで廊下を突き進む姿が超かっこいい!)。ただの音楽オタクとチンピラだった若者が、ラップとレコードを武器に世界を席巻し、女と美酒に酔いしれるこの場面に「ヒップホップ・ドリーム」を感じずにいられない。
 上映終了後、大興奮のままニューヨークの街をてくてく歩いていると、タイムズスクエアに数あるネオンサインのなかでもひときわ大きいサイズの看板でドレーのプロデュースするヘッドフォン「Beats」の広告を目にした。定職にもつかず日がな一日レコードを聴く日々を送り、お母さんに実家を追い出された在りし日のアンドレ青年の姿をついさっき観たばかりだっただけに、ドレーのサクセス具合が余計に大きく感じられ、夜中の1時過ぎでも煌々と光り輝くネオンサインの熱も相まってか、なんだかクラクラしてしまった。


N.W.A. - "Straight Outta Compton"


Straight Outta Compton - Official Global Trailer

ジョーイ・バッドアスとトラヴィス・スコットのおふくろの味



 9月の大型連休を利用してニューヨーク旅行に行ってきました! 出発前は東海岸ヒップホップを繰り返し聴いて気分を高めていたのだが、ブルックリン出身のJoey Bada$$(ジョーイ・バッドアス)のデビュー盤『B4.DA.$$』(15年)に収録の「Curry Chicken」を聴いて、今さらながらメッセージの素晴らしさに感動してしまった。アルバムの最後に収められたこの曲でジョーイは、成功の喜びを噛みしめ、それまで苦労を共にした母への感謝を歌うと同時に、独り立ちしたからもう心配しないで大丈夫だと自立心を見せる。それでも有名になった息子の姿をテレビで見て体調を気にかけるジョーイ母の愛情に思わず胸が熱くなる「なんだか痩せたんじゃないかしら(thinner)、でもすっかり勝者の貫禄たっぷりね(winner)」。タイトルの「チキンカレー」は、きっとジョーイに故郷ブルックリンを思い出させるおふくろの味なのだろう。そういえば、ジョーイと同じく今年メジャーデビューを果たしたTravis Scott(トラヴィス・スコット)も、アルバム『Rodeo』(15年)のやはり最後の曲「Apple Pie」で「おふくろの味」について歌っている。「母ちゃんのアップルパイはもういらないよ/俺のレシピが必要なんだ」と、こちらもひとりのミュージシャンとしてキャリアをスタートさせたトラヴィス・スコットの自立心が歌われる(それと勝手な思い込みだけど「アップルパイなんて、もうガキじゃないんだからいらねえよ!」的な照れもこの人は感じさせる)。ジョーイ・バッドアスのおふくろの味はチキンカレーでトラヴィス・スコットの場合はアップルパイ。ラッパーみんなそれぞれにおふくろの味があるんだろうなあ。面白い。


Joey Bada$$ - "Curry Chicken"


Joey Bada$$ Makes Curry Chicken and Waffles with John Seymour of Sweet Chick


Travis Scott - "Apple Pie"

2015年9月23日水曜日

タイラー・ザ・クリエイター「Cerry Bombツアー」@恵比寿LIQUIDROOM



 9/14(月)恵比寿LIQUIDROOMで開催されたTyler, The Creator(タイラー・ザ・クリエイター)の来日公演を観てきました! タイラーのライブを観るのは、3rdアルバム『Wolf』を発表した13年にEarl Swetshirt(アール・スウェットシャツ)と来日したとき以来の二回目。前回来日時のパフォーマンスを観た際も感じたことだが、ハイプマン(盛り上げ役)としてステージに立つJasper Dolphin(ジャスパー・ドルフィン)とタイラーのやり取りから、二人の仲のよさがビシビシと伝わってくる。今回のライブでも、まるで昼休みの中学生みたいなバカバカしくも微笑ましいやり取りが印象的だった。「あっちのお客さんがジャスパーむかつく!死ね!って言ってたぞ」「言ってねえよ!」「こっちのお客さんはジャスパーかっこいい!結婚してー!って言ってたぞ」といった調子で、終始タイラーがジャスパーをからかっていた。オッド・フューチャーの面々が集結してマイクを回す『The OF Tape, Vol. 2』(12年)収録の「Oldie」を披露した際には、タイラーが自分のヴァースをラップして曲自体は終了するも、「ジャスパーのラップが聴きたいなー」と囃し立てるタイラーに対し、ジャスパーがアカペラで応えるという一幕も見られた。からかうだけでなく、きちんと見せ場を用意してあげるあたりに、タイラーのジャスパーへの思いやりを感じさせる。そういえばタイラーはブロマンス映画の金字塔『スーパーバッド 童貞ウォーズ』(07年)の大ファンだけど、和気あいあいと馬鹿を言い合うタイラーとジャスパーの姿がブロマンス的で、『スーパーバッド』のジョナ・ヒルとマイケル・セラの関係性を思わせる。以下、当日のセットリストなり。最新作『Cherry Bomb』(15年)のプロモーションツアーなのに、同作からの披露が少なかったのが残念。タイラーの口から直接、今作のテーマである「FIND YOUR WINGS」の言葉が聞きたかった!

The Weeknd - The Beauty Behind The Madness(開演前BGM)
Deathcamp
Tron Cat
Sam (Is Dead)
Bimmer
Run
Jamba
Pilot
IFHY
Domo23
Yonkers
Smuckers
The Brown Stains of Darkeese Latifah Part 6-12 (Remix)
48
Rella
Oldie
Tamale
Keep Da O's


Odd Future - "Oldie"

 

T H A T S * I T C R A Y ! Copyright © 2011 -- Template created by O Pregador -- Powered by Blogger