2014年5月4日日曜日

SIMI LABワンマンライブ@代官山UNIT



代官山UNITで開催されたSIMI LAB(シミラボ)ワンマンライブを観てきました! 所狭しとステージ上を動き回る6MCによるマイクリレーが圧巻でした。

 開演前のDJプレイではメンバーのDJ ZAIが、Drake(ドレイク)の"Started from the Bottom"をかけていた。この曲はドレイクとその仲間たちの成り上がりを歌った成功賛歌だ。何度も繰り返されるフック部分「俺たちチームはどん底からここまで登りつめたぜ!(ドヤッ)」が爽快な同曲であるが、これがまるで、この日晴れて初ワンマンライブを行うまでに飛躍したシミラボ自身のことを歌っているようで胸が熱くなった。OMSBのソロ作『Mr. "All Bad" Jordan』(12年)に収録の"Hmm..."で歌われるどん底時代(会場は遠いし、不入りの客は盛り下がってるし、ノーギャラ!)を思えば、この日満員となったオーディエンスを前に感極まったOMSBの気持ちがより理解できると思う。


Drake - "Started From The Bottom"

 この日、直接パフォーマンスと関係のない部分でもうひとつ「シミラボ的」だなと思ったことがある。それはゲスト出演した菊地成孔さんの衣装である。
 菊地さんが着ていたのは先日発売となったばかりのユニクロとPharrell(ファレル)のコラボTシャツ。そのコラボTシャツに書かれたメッセージ「THE SAME IS LAME(同じことはつまらない)」が、これまた、多種多様なバックボーンを持つメンバーからなるシミラボ自身のことを象徴しているように感じられたのだ。アンコールで披露された"Uncommon"『Page 1: ANATOMY OF INSANE』(11年)収録)はまさにそういったメッセージが込められた曲だった。普通って何? 常識って何? んなもんガソリンぶっかけ火付けちまえ!


SIMI LAB - "Uncommon"

 

T H A T S * I T C R A Y ! Copyright © 2011 -- Template created by O Pregador -- Powered by Blogger