2014年3月30日日曜日

Brush Me Off〜拒否られるキティ



 とりわけ歌が上手いわけでもなければ、とりわけ可愛いわけでもないKitty(キティ)の魅力のひとつは、「Give Me Scabies」ほかでも歌っていたように、自分を飾り立てないどころか卑下するところだと思う(可愛くないとか言ってごめんなさい。僕はキティのこと好きですよ!)。普通の女の子の正直で赤裸裸な歌詞に親近感を抱くのである。意中の男子に猛アタックをかける「Brush Me Off」の歌詞も、彼女の実体験に基づいて書かれたとのこと


Kitty & Sad Andy - "Blush Me Off"

あなたをお持ち帰りしたいの 無理って言われてもいい
追い払われても構わないわ いつものことだし
あなたをお持ち帰りしたいの 無理って言われてもいい
冷たくされても、拒否られても構わないわ

あなたをお持ち帰りしたいの ここにいるみんなが気づいてる
大声で誘ってるところを聞かれてたし でもあなたはいつも無視
気まずい思いをさせちゃったかしら? 私は飢えてるの
これ以上傷つけられてももう怖くも何ともないわ
分かるでしょ必死なの これは運命 置き去りの私
どんなに頑張っても私なんかじゃ釣り合わない
それでも午前3時にあなたへ電話
3時16分に電話 3時26分に電話 3時39分に電話 3時45分に電話 4時14分に電話
あなたは手を挙げろと煽るくせに私のことはいつも拒否*1

*1:「put your hands up(手を挙げろ)」と「thumb down(親指を下げる=拒否する」を掛けているのだと思う。

2017/8/25 追記:「Brush Me Off」はデビューアルバム『Miami Garden Club』(本日発売!)にも収録。

 

T H A T S * I T C R A Y ! Copyright © 2011 -- Template created by O Pregador -- Powered by Blogger