2018年1月28日日曜日

タイラー・ザ・クリエイターがグラミー賞を受賞すべき理由



 タイラー・ザ・クリエイターがラジオ番組「The Shane Show」にゲスト出演『Flower Boy』(17年)が最優秀ラップ・アルバム部門にノミネートされている本年度のグラミー賞へと話題が及んだ。番組内で「獲れると思う?」と訊かれ、「俺が獲るべき」と答えたタイラー。ところが、この発言はメディアで歪曲されて取り上げられてしまい、タイラーは不快感をあらわにしている。文脈を無視して一部だけを切り取り、大げさに書き立てるメディアのやり方に辟易しているのだ。タイラーが言うように見出しだけ読むと、死に物狂いで賞を獲ろうとしている見苦しいやつ、あるいはうぬぼれ屋みたいに聞こえるけど、タイラーがこのように答えたのにはわけがある。

「ああ、俺が獲るべきだと思う。いろんなひとが獲るべきなんだ。ジェイ(注:Jay-Z)のことは大好きだけど、これまでに何度も獲ってるからもういいじゃん。ケンドリックのことも好きだし、『Damn』はいい作品だと思ってる。「XXX」はお気に入りの1曲。でもさあ、ほかにも6部門でノミネートされてんだぜ」

「もし俺が獲ったらすごいことだと思うんだ。ほかのみんなとは違うからさ。それに代弁者がいないあいつらのためでもあるんだ。(「“あいつら”って?」と訊かれ、)陳腐だし、あいまいだから、“変わり者”という言葉はあまり使いたくないけど、今回は滅多にこういう機会に恵まれない俺たちに順番が回ってきたんだ。俺が獲れば、あいつらもまるで自分が獲ったみたいに誇れるだろ」

「ロサンゼルス・タイムズ」のインタビューでは、その“あいつら”のひとりであるファンから言われたというアドバイスについてこう話している。あいつら、すなわち僕たちのためにもマジでタイラーにグラミーを獲ってほしい!

「数年前、ある少年に言われたんだ。「あなたは成功してピクルスみたいになれる」って。最初はどういうことかさっぱりわからなかった。そしたらその少年がこう説明してくれたんだ。「いまは変わり者って思われてるかもしれないけど……ゆくゆくはハンバーガーに欠かすことのできないピクルスのような存在になれる」。それからだんだんとその言葉の意味がわかってきた。俺の作るアルバムは、いまのラップの潮流からは外れた、どちらかというと非主流だから。そんな俺がグラミーにノミネートされたってだけで、すごいことなんだ」


Tyler, The Creator on The Shane Show [1-23-18]

 

<Related Articles>



0 コメント:

コメントを投稿

 

T H A T S * I T C R A Y ! Copyright © 2011 -- Template created by O Pregador -- Powered by Blogger