2017年12月23日土曜日

TOP 3/2017


TOP3/2017

MUSIC
#1. TYLER, THE CREATOR - FLOWER BOY

#2. JOEY BADA$$ - ALL AMERIKKKAN BADA$$

#3. KEHLANI - SWEETSEXYSAVAGE

PLAYLIST
NOCKMUSICGROUP - T'S PLAYLIST

BOOK
#1. シェイ・セラーノ 著、小林雅明 訳 - ラップ・イヤー・ブック

#2. GANGSTER DOODLES - GANGSTER DOODLES BOOK

#3. 長谷川町蔵 - あたしたちの未来はきっと

MOVIE/TV
#1. M. NIGHT SHYAMALAN - SPLIT

#2. MIKE MILLS - 20TH CENTURY WOMEN

#3. EDGAR WRIGHT - BABY DRIVER

#4. DONALD GLOVER - B.A.N. (ATLANTA S01E07)

#5. ALAN YANG, MELINA MATSOUKAS - NEW YORK, I LOVE YOU/THANKSGIVING (MASTER OF NONE S02E06, E08)

DANCE
"SHINE BRIGHT LIKE A DIAMOND"
http://hooolden-caulfieeeld.tumblr.com/post/166429352725/23quaiducommerce-céline-sciammas-girlhood

HEDWIG
http://hooolden-caulfieeeld.tumblr.com/post/160603392980

RASPBERRY BERET
http://hooolden-caulfieeeld.tumblr.com/post/168133989585/constructedparadox-she-wore-a-raspberry-beret

ZAN
http://hooolden-caulfieeeld.tumblr.com/post/168132924140

"I COULD BE A PRETTY GIRL"
http://hooolden-caulfieeeld.tumblr.com/post/166664809215

"I KNOW IT HURTS SOMETIMES BUT YOU'LL GET OVER IT"
http://hooolden-caulfieeeld.tumblr.com/post/164710088225

MOMENT
"BASEDGOD IN THIS BITCH"
http://hooolden-caulfieeeld.tumblr.com/post/164786523879

LOGIC GOT NO.1 ALBUM

TYLER GOT RADIO PLAY FOR THE FIRST TIME
http://hooolden-caulfieeeld.tumblr.com/post/166128681358

OKAIMONO
VETEMEMES - LIL B TEE
 ごめんなさいベイストゴッド、非正規マーチを買ったことをお許しください。

QUOTE
VERONICA LODGE
http://hooolden-caulfieeeld.tumblr.com/post/156798227665

発掘良品
MUSIC
DENZEL CURRY - IMPERIAL (2016)

BOOK
廣野由美子 - 批評理論入門 (2005)

MOVIE
CÉLINE SCIAMMA - GIRLHOOD (2014)

 2017年のテーマは「THE BROKEN ARE THE MORE EVOLVED」(『スプリット』より)。
『スプリット』のアニヤ・テイラー=ジョイとジェームズ・マカヴォイをはじめ、孤独に苦しむタイラー・ザ・クリエイター、アメリカの行く末に絶望したジョーイ・バッドアス、ゴシップとSNSバッシングによって自殺未遂に追い詰められたケラーニ、幼少期の事故がトラウマになっている『ベイビードライバー』のベイビーなど、“傷ついた者の物語”に胸打たれた1年でした。

 絶えず笑顔でポジティヴに振舞っているけど実は不安神経症だったロジックの『Everybody』、失恋の悲しみを歌ったリル・ウージー・ヴァート『Luv Is Rage 2』、同じく失恋して病んだエックスエックスエックステンタシオン『17』、そしてやはり過去の恋愛を引きずったフューチャーの『HNDRXX』など、みんなが心に傷を負い、鬱々としていた。そんなラッパーのうつ病蔓延時代の到来を予見していたかのように、病めるラップソングの原型、ゲトー・ボーイズ「My Mind Playing Tricks On Me」を重要曲に挙げる『ラップ・イヤー・ブック』は今だからこそ読みたい1冊。
 今年の大本命と期待していたリル・ヨッティ『Teenage Emotions』は散漫な印象でぜんぜんダメでした。本格的にストリーミング時代に突入した今、コンセプトや問題意識を持った1枚のアルバム作品として統一感がないときつい。『Everybody』のロジックはラップしないで語りすぎ。来年はデンゼル・カリーの待たれる新作『Taboo』とSIMI LABの『Page3』に期待!

<Related Articles>









0 コメント:

コメントを投稿

 

T H A T S * I T C R A Y ! Copyright © 2011 -- Template created by O Pregador -- Powered by Blogger