2017年7月23日日曜日

ロジック『Everybody』ツアーの前座がジョーイ・バッドアス




 2017年のベストパンチライン曲候補のひとつが、ジョーイ・バッドアスの「Amerikkkan Idol」。生まれた国や育った環境は違えど、気持ちはわかる。「カネがすべて。死んだ大統領がすべて。だって生きた大統領は何も代弁してくれないから(大意)」。

 トランプ大統領については、『ALL AMERIKKKAN BADA$$』(17年)の作中で、「根性のあるやつは叫べ、“ファック、ドナルド・トランプ”」と勇ましく声を荒げていたりするけど、不満をぶちまけるだけじゃないところに、いたく感心。ロジックの『Everybody』ツアーで前座を務めるのがジョーイというのは、とても筋の通った人選である。ジョーイの「Temptaion」という曲でサンプリングされている黒人少女のスピーチは、ロジックのアルバムで使われていてもおかしくない。「世界を変えるには、まずは自分が変わらなきゃ」とは、「Land of the Free」におけるジョーイの言葉だが、ロジックが『Everybody』で伝えようとしたアティチュードと共鳴するものがそこにはある。



Joey Bada$$ - "Amerikkkan Idol"

0 コメント:

コメントを投稿

 

T H A T S * I T C R A Y ! Copyright © 2011 -- Template created by O Pregador -- Powered by Blogger