2017年5月28日日曜日

ロジック「America」とJ・コール「False Prophets」



 Logic(ロジック)が『Everybody』(17年)にシークレットゲストとして参加しているJ. Cole(J・コール)について、オタク愛丸出しで饒舌に語るこのインタビュー動画からは、J・コールへの敬愛ぶりがひしひしと伝わってくる。ロジック曰く「俺はあなた(J・コール)の言葉に従って生まれた産物」。「America」という曲でロジックは、同じく敬愛する先輩格ラッパーのKanye West(カニエ・ウェスト)のご乱心に対して、「ジョージ・ブッシュは黒人のことを考えていない」とカニエのブッシュ批判を引用したのを口火に、「2017年、ドナルド・トランプがその後釜/カニエが黙っているから俺が言う/目を覚ませ、みんなの声に答えてくれよ/好きだからこそ言うけど、俺たちは困惑している/あなたの音楽は2020年レベル、でも政治を見る目は曇ってる/名前を傷つけるつもりはない/あなたのすべてに心酔しているから」と愛憎入り混じる批判を展開している。これはもしかしたら、J・コールの「False Prophets」という、同じく尊敬していたカニエへの落胆を辛辣に綴った曲に想を得たというか、この曲の存在が、憧れのカニエに苦言を呈すことに少なからず躊躇いを覚えただろうロジックの背中を押したのかもしれない、と思った。

 ロジックやJ・コールがそうしたように、神のように崇拝する人物に対しても、間違っていると思えば批判の目を向けるのが健全というもの。批判されているカニエも「Power」という曲のなかでは、権力の集中はよくない、と言っている。でもその一方で、スーパーヒーローに欠かせないテーマ曲が俺の場合はへイターの喚き声、と吹聴しているので、せっかくロジックたちが勇気を出してあげた声が、カニエに灸を据えることになるかは甚だ疑問である。あと余談だけど、「False Prophets」を聴いて、『バットマン vs スーパーマン』のスーパーマン像に書かれた「false god」という落書きを連想した。果たしてイーザスは偽の神か。





Logic - "America (feat. Black Thought, Chuck D, Big Lenbo & NO I.D.)"

J. Cole - "False Prophets"

<Related Articles>





0 コメント:

コメントを投稿

 

T H A T S * I T C R A Y ! Copyright © 2011 -- Template created by O Pregador -- Powered by Blogger