2017年4月16日日曜日

『13の理由』のサウンドトラック〜FML



 ネットフリックス製作のドラマ『13の理由』(17年)は自殺した少女ハンナが死の直前に残したカセットテープに吹き込んだ、彼女の死の理由をめぐるお話だ。本作の公式サウンドトラックはあるけれど、それとは別に、Lil Peep(リル・ピープ)のミックステープ『Hellboy』(16年)が登場人物の心情にぴったりだなと思った。自殺願望について歌った「OMFG」など、『Hell Boy』と『13の理由』には共鳴するところがあるように思う。表題曲「Hellboy」で、恋い焦がれる女子からの連絡を一晩中待つも、メールの一通も届かず、怒りと孤独に震える様子は、『13の理由』のジャスティン、ジェシカ、アレックスあたりの恋心模様を連想させるし、同曲で歌われるサビ「You don't even know what I've been through(俺のことなんてこれっぽっちもわかんねえくせに)」は、ハンナをはじめとするリバティ高校のみんな及び、世界中のティーンエイジャーが抱える思春期特有のエモーションを表現していると言えよう。「FML」の気分は、リル・ピープの音楽のなかでも鳴っている。


Lil Peep - "Hellboy"

0 コメント:

コメントを投稿

 

T H A T S * I T C R A Y ! Copyright © 2011 -- Template created by O Pregador -- Powered by Blogger