2017年3月25日土曜日

ドレイク『More Life』〜ラップの聴き方



Drake(ドレイク)の熱烈なファンでユーチューバーのLexie Kendzによる『More Life』(17年)の感想ビデオは、前回の『Views』(16年)のビデオに引き続き、ヴィヴィッドな反応が見ていて楽しい。でも楽しいだけでなく、様々なことを教えてくれるビデオでもあるのだ。たとえば、「Marvin's Room」を思い起こさずにはいれない、酔いどれドレイクの痴態が披露される「Free Smoke」の一節「酔った勢いで送ったJローへのメールは、番号が変わってて跳ね返ってきた」であったり、Meek Mill(ミーク・ミル)を痛烈に皮肉った箇所「ゴーストライターを疑ってた張本人がゴーストになっちゃった?」を聴いて、吹き出すほどに笑う彼女の姿からは、ヒップホップという音楽ジャンルは純粋に音を楽しむだけではなく、ウィットに富んだ言葉づかいに感嘆したり、ときには笑ったりといったような、ラップ特有の鑑賞作法が見て取れる。ほかにも、アメリカのティーンエイジャーはイギリスのグライムシーンに疎いこと(そもそもあまり興味がなさそう)、ダブの振りを決めるポイントなど、英語圏のネイティヴスピーカーが、アメリカのラップをどのように聴いて楽しんでいるかがうかがい知れる。


MORE LIFE REACTION - LEXIE KENDZ

<Related Articles>



0 コメント:

コメントを投稿

 

T H A T S * I T C R A Y ! Copyright © 2011 -- Template created by O Pregador -- Powered by Blogger