2016年2月21日日曜日

カニエ・ウェスト『The Life of Pablo』〜パウロへの手紙



 ピカソ? エスコバル? それともネルーダ?などと憶測が飛び交ったKanye West(カニエ・ウェスト)の『The Life of Pablo』(16年)における「パブロ」の正体だけど、正解は新約聖書の著者のひとりであるパウロでした。そこで聖書のスタイルにならい「パウロへの手紙」と題して、カニエへの思いを綴る。

 Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)が”2015年最大の偽善者”なら、2016年最大の偽善者はカニエだと思う。

 カニエは「世界をよくしたい」とか聞こえの良いことを言ってるけど、それならまずはTidal限定配信という形態でリリースされた『The Life of Pablo』をフィジカル/デジタル含め普通に流通させることで、世界に貢献して欲しい。カニエの作品を聴きたくても聴くことのできない世界中のリスナーの「飢え」を改善することが、世界をよくするためにカニエが出来る最初の一歩だと思う。カニエほどの大物ミュージシャンの作品が、SpotifyでもApple Musicでもなく、よりによってTidalでしか聴けないなんて、そんなのはっきり言って、悪である。

 カニエはマーク・ザッカーバーグに向けて「俺のアイデアに投資してくれ」とも言っている。夢の実現のために資金援助を求めているのである。
 そりゃ、音楽アルバム一枚から得られる収益なんて、カニエにとっては雀の涙程度だろうけどさ、それでも『The Life of Pablo』を普通に流通させてくれれば、ネットでタダで落とせると知っていても、喜んで対価を払う。そしたらアルバムの売上から得た資金を音楽制作でも、洋服づくりでも、2020年の米国大統領選挙出馬資金でもなんでも好きなように使ってよ。それで「世界をよく」していけばいいじゃん。




0 コメント:

コメントを投稿

 

T H A T S * I T C R A Y ! Copyright © 2011 -- Template created by O Pregador -- Powered by Blogger