2015年12月6日日曜日

ロジック「City of Stars」



 ロジックの「City of Stars」がどことなくなくカニエ・ウェストの「Say You Will」風に聴こえるのは、「破局」というカニエの曲のテーマを踏襲していることから考えて、おそらくねらってのことなのだろう(おまけにカニエが「Say You Will」を収録した『808s & Heartbreak』(08年)全編を通して「歌って」いたように、ロジックもこの曲の前半部分ではラップせずに歌っている)。「City of Stars」はロジックの2ndアルバム『The Incredible True Story』(15年)に収録の一曲。コモンの代表曲のひとつ「I Used to Love H.E.R.」の系譜に連なる“ヒップホップ擬人化ソング”である。歌われるのは前述のとおり、破局について。コモンは「I Used to Love H.E.R.」で、90年代当時に興隆したギャングスタラップに「浮気した」ヒップホップへ思いの丈を述べていた。ではロジックが大好きなヒップホップに別れを告げる理由とはなんだろうか。
「City of Stars」の2ndヴァースを聴いてみよう。超ポジティブ思考のロジックがここでは珍しく失望を口にしている。「1stアルバムでは人種の話なんてこれっぽっちもしていない/それなのに結論は白と黒のたわ言/どうして好きにやらせてくれないんだ/フロウの巧さの代わりに人種でラップを評価」。犯罪と貧困に彩られた過去の体験について歌ったデビューアルバム『Under Pressure』(14年)は、ロジックの肌色の白さを理由に「ワルを装っている」という誤解を受け、批判された。

 ロジック本人の説明によれば、この曲のコンセプトは「ヒップホップとの別れ」だという。ロジックは前作『Under Pressure』発表後の心境の変化を次のように記している。「他人の意見をいちいち気にすることもなくなったし、作品の芸術的価値を貶めるような、創作活動への口出しも許せるようになった。“ヒップホップはこうあるべき”という考えにさよならを告げ、ジャンルレスな音楽作りに焦点を当てた」。前作に対する批判を受けて、それならばとロジックの好きなSF映画やアニメ作品に着想を得て作られたのが『The Incredible True Story』である。ストーリー仕立ての本作では、宇宙飛行士のトーマスと操縦助手のカイが、資源が枯渇し居住できなくなった地球に代わる第二の母星「パラダイス」を目指して宇宙を旅する過程が描かれる。結論から言うと、最終的にふたりは無事パラダイスへ到達して物語は幕を閉じる。しかしこの物語は単なる寓話にすぎない。ロジックのねらいはこの寓話を通して、あるメッセージを伝えることにある。
 トーマスは「Lucidity」で、かつてミュージシャンになることを夢見ていたこと、また宇宙船での生活(人生)に窮屈さや不自由を感じていることをカイに打ち明ける。狭苦しい宇宙船のなかで四六時中生活する身のトーマスたちには「やりたいことをやる」自由がないのだ。そんなふたりの会話を経て、アルバムは最後の一曲The Incredible True Storyに突入する。長い宇宙探検の末、ついに惑星パラダイスに到達するトーマスとカイ。ふたりが宇宙船から降り立つと、なにかの物音が彼らに近づいてくる。グォォォォォ。物音の正体は「Life(人生)」だった。トーマスたちは安住の地にたどり着いたとともに、ようやく真の「人生」を見つけたのだ。任務を終えたトーマスはこのあと、きっと念願の音楽活動をはじめるにちがいない。
 というわけで、本作における惑星パラダイスは「自由」を象徴するメタファーになっているように思う。この場合の自由とは「好きなことをする自由」である。「The Incredible True Story」では哲学者アラン・ワッツの言葉が引用されるが、これも「好きなことをすることの尊さ」を説いたものである。

「(学生たちは)画家や詩人、作家になりたいと言います。しかしそうした職業ではお金を稼げないことも同時に理解しています。あなたのやりたいことは何ですか? 本当にやりたいことを見つけたひとに出会ったとき、私はそのひとにお金のことは忘れて、やりたいことをやりなさいと言うようにしています。もしあなたがお金を稼ぐことが一番大事だと考えているなら、この先時間を浪費するだけで、人生を棒にふることになるでしょう。生活のためにやりたくないことを続けるなんて馬鹿げています。本当に馬鹿げたことです。みじめな人生を長々と生きるよりも、短いながらも好きなことをして一生を終える方がましです。あなたが好きだと思えることなら、なんでもいいのです。興味の対象は人それぞれです。あなたの前にも同じ興味を持ったひとが現れるでしょう。好きでもないことに時間を費やして、ましてや子どもたちにも自分と同じ道をたどるよう教え込むなんて本当に馬鹿げています。周りを見渡してみてください。私たちは子どもに自分たちと同じような人生を歩むよう教育しています。子どもに自分と同じ道を歩ませることで、自身の人生の正当化を図って悦に入っているのです。それは吐き気がないのに無理やり吐くようなもので、絶対にうまくはいきません。だからこの質問についてよく考えてみることが大事なのですーー私はなにがしたいのか?」

 批判や他人の意見から解放され、自分の作りたい音楽を自由に作ったロジックの姿は、宇宙船での不自由な暮らしから解放されたトーマスのそれに重なる(作りたい音楽を作ったという点では、タイラー・ザ・クリエイターの『Cherry Bomb』(15年)も同じ。「翼を見つけろ」という若者の自己実現を応援するテーマを掲げたタイラーと、「やりたいことをやる」ことの尊さを説くロジックのメッセージは共鳴し合うように思う)。パラダイスに到達したのはトーマスだけではない。葛藤を乗り越えた末にロジックがたどり着いた新境地もまた、パラダイスなのである。




Logic - "City of Stars"


Logic - "The Incredible True Story"



0 コメント:

コメントを投稿

 

T H A T S * I T C R A Y ! Copyright © 2011 -- Template created by O Pregador -- Powered by Blogger