2015年11月15日日曜日

メトロ・ブーミン、物申す〜Metro Boomin Doesn't Want Anymore!?



 Metro Boomin(メトロ・ブーミン)が近頃のラップミュージックの潮流に一言物申す! 日々大量の楽曲、ミックステープがネット上に公開されている今の状況を、メトロ・ブーミンはあまりよく思っていない。具体的には、今のミックステープ市場を「粗製乱造」と考えているようだ。僕もメトロ・ブーミンのこの考えには同意である。粗製乱造の謗りを受けたと思い込んだYoung Thug(ヤング・サグ)との間に一悶着あったりと波紋を呼んだ今回のメトロ・ブーミンの問題提起発言だが、そんなヤング・サグや、Future(フューチャー)などのミックステープ作品に多くの楽曲を提供する、現行のミックステープ市場に大きく携わるインサイダーであるメトロ・ブーミンからこのような発言が飛び出したことはきわめて重要だと思う。提供されたトラックに適当な歌詞を乗せてラップして(合間合間に奇声なんかも入れて)、ある程度曲数が溜まったらミックステープとしてリリースする。リリース後もレコーディング作業は休みなく続けられ、またある程度曲数が溜まったら間髪入れずに新作ミックステープとしてリリースするというのが今のラッパーたちのやり方だ。これだけ作品数が多く、またリリースペースも早いと、曲によっては一回だけ聴いておしまいなんてこともザラにある。そのような状況では、メトロ・ブーミンのようなプロデューサーの立場からすれば、丹精込めて制作したビートが「軽く」扱われていると思って憤慨したとしても当然である。メトロ・ブーミンといえば、お決まりのDJタグ「Metro Boomin want some more」で有名だが、当の本人はミックステープに関して、今のような粗製乱造の状態が続くなら「もう要らない」みたいである。

「毎朝起きると、空から降ってきたみたいに新しいミックステープが続々リリースされている...このトレンドを作ったのが誰かはみんなもわかってると思う笑。#これはあくまで一個人の意見 ネットの連中はなんでも物知り顔でツイートするけど、俺は別に彼が最初に始めた人物だって言いたいわけじゃない。でも数年前まではアーティストはこんなにも大量の音源をリリースしていなかった。それが今では毎月数枚のミックステープをリリースしている。これまでは音源を録り貯めていたのに。俺がリル・ウェインのことを知らないとか、世代が違うから聴き逃してるとか言いたげなやつがいるみたいだな。最近は読まずにツイートするやつがいるのか笑。2014年以前の話をするのはなし。俺は「今の」ラップミュージックの状況について話してるの。グワップとウィージーの伝説は誰でも知ってること。分かりきったことを説明する必要はないだろ。俺が言いたいのは、みんなにはもっと世に送り出す音楽の量より質を重視してほしいってこと。これは短距離走でなく、長距離走なんだ。この話の教訓は、一年に五枚のミックステープをリリースすれば必ずしもフューチャーみたいに成功をおさめることができるかというと、そうではないということ。彼のやり方であって、誰にでもあてはまるわけではない。これからリリースするつもりの五枚のミックステープから、それぞれホットな曲を選り抜いて、それらをまとめて一枚のミックステープとしてリリースするべき。#質に勝るものなし」



















0 コメント:

コメントを投稿

 

T H A T S * I T C R A Y ! Copyright © 2011 -- Template created by O Pregador -- Powered by Blogger