2015年11月3日火曜日

タイラー・ザ・クリエイター『GOLF BOOK』〜ファレル「You Can Do It Too」



 タイラー・ザ・クリエイターの率いる「OFWGKTA(Odd Future Wolf Gang Kill Them All:オッド・フューチャー・ウルフ・ギャング・キル・ゼム・オール)」はもともと、雑誌を作ることを目的として結成された集団であったわけで、この『GOLF BOOK』の完成をもってタイラーはまたひとつ大きな目標を達成したことになる。おめでとう、タイラー!
『GOLF BOOK』は、タイラーが今年立ち上げたサブスクリプション型メディア「GOLF MEDIA」の初回申込者に限定配布された雑誌である。簡単にその内容を紹介すると、最新作『Cherry Bomb』(15年)の歌詞・クレジットにはじまり、タイラーがお気に入りアルバムについて書いたエッセイや、タイラーの大好きな映画『スーパーバッド 童貞ウォーズ』(07年)の脚本を手がけた俳優セス・ローゲンへのインタビューといったテキストコンテンツのほか、タイラーが監督したミュージックビデオの絵コンテ、アパレルブランド「GOLF WANG」の2015年春夏シーズンのカタログ写真やその草案となったスケッチの数々などのヴィジュアルコンテンツも満載。とにかくタイラーの「好きなもの」がぎゅぎゅっと詰まった1冊になっている。誌面の途中にはタイラーのお気に入りアルバムの広告(正確には広告を模したページ)が載っているんだけど、カニエ・ウェストの『Late Registration』(05年)や、リオン・ウェアの『Musical Massage』(76年)が、さもリリースされたばかりの新作であるかのように「好評発売中!お求めはお近くのレコードショップで」みたいな宣伝文句をともなって、でかでかと載っているのを見たときは、タイラーの対象への愛情の深さに感服しつつも思わず笑ってしまった。
 そんな内容が盛りだくさんの『GOLF BOOK』だが、いちばんの読みどころはなんといってもタイラーがお気に入りアルバムについて熱い思いを綴ったエッセイだろう。このエッセイには『Cherry Bomb』でタイラーが見せた「変化」を読み解くうえで重要なヒントが隠されているように思う。以下はタイラーが敬愛してやまないファレルのソロデビュー作『In My Mind』(06年)について書かれたエッセイの拙訳である。「FIND YOUR WINGS」という自己啓発的なメッセージを掲げ、若者の自己実現を応援する『Cherry Bomb』は、ファレルが「俺にできたんだから、君にもできる/恐れずに空に目を向けてみて」とリスナーを勇気づける「You Can Do It Too」に影響を受けているにちがいない。

***

PHARRELL WILLIAMS, "IN MY MIND":
 2006年は俺にとって特別な年だ。俺はお気に入りアーティストが作り上げた最高傑作に酔いしれていた。いったいどこから話をはじめればいいだろう。というのも、服の着こなし方、ものの考え方、それからもっとも重要な音楽の作り方まで、すべてをこのアルバムから学んだんだ。それじゃ、まずは服の話から始めるとしよう。色づかいや全面プリント、ジュエリーはとにかく派手だったけど、彼のスタイルはほかの誰にも真似できないものだった。高級車で乗りつけ、高価なジュエリーやゴヤールの鞄で着飾った彼はロックやジャズに精通し、スケーター仲間とつるみ、彼を取り巻く女性はみな10点満点だった。ありとあらゆるクールなものが凝縮されていたんだ。「Mr. Me Too」のミュージックビデオを見たときのことはよく覚えてる。あの走る犬のプリントにすっかり心を奪われてしまった(あれはいまでも変わらず最高のビデオだ)。さて、音楽についてはというと……アルバムのどの曲もそれぞれに魅力がある。「Can I Have It Like That」はジャズ制作キットとアップライトベースで出来た曲。それ以上でもそれ以下でもない、とても90年代的で、ファレルがネックレスとか、自家用ジェット機とかなんとかについて自慢しているだけ、というのがこの曲に対する大方の意見だろう。俺はどう思ったかって? 俺はこう思った「そうか、肌の黒いはみだし者でも、こんなにクールなものを手にすることができるんだ」ってね。彼は典型的なラッパーのようにふるまわなくても、ジュエリーや大勢の女性やフェラーリを「俺たち」が手にできることを示したんだ(それから彼はビデオにチーム・アイスクリームというスケートチームを出演させているーーもしVol.1を未見なら見ることをすすめる)。俺には「That Girl」のようにすばらしい曲は作れない。あのストリングス、TR-808、声ネタのサンプリング、メロディはおろか、なによりもチャーリー・ウィルソンの使い方が完璧。「I Really Like You, Girl」(まるで80年代の映画のよう!)はプリンス風のドラム、スティーヴィー・ワンダー「Music of My Mind」のコード進行、ジャスティン・ティンバーレイクのリズムなど、ファレルがR&Bから受けた影響が強く感じられる。この曲もお気に入りのひとつだ。(「Raspy Shit」は最低最悪の曲。この曲が好きだというやつはクソ食らえ。)なかでも特に「You Can Do It Too」という曲は、一度聴いたら耳から離れなかった。学校の先生にしても、母ちゃんの話にしても、なんにしても、この曲以上に俺を行動するよう奮い立たせたものはなかった。俺はまさに、この曲で彼が歌いかけているような少年だったんだーー当時もいまもそう思ってる。ジャズのライブラリーミュージック風のサウンドは心を落ち着かせ、楽曲に集中させてくれる。ジェイミー・カラムの弾くブリッジも申し分のない出来。俺は彼にチェーンを見せてもらうたびに大はしゃぎしていたのだけど、強く望めば俺にも手に入れられるという意味で彼はいつも「それは君のものさ」と言ってくれるんだ。心に刻まれたこの言葉のおかげで、俺は望めばなんだって手にできるのだと信じてやってこれた。「CC the World」という曲が重要なのはそういうわけ。はじめてのペンダントーー猫の顔をかたどった、イエローダイヤモンドとレッドルビー、ブラックダイヤモンド、それから目の部分がブルーサファイアで出来ているーーを手にしたとき、最初にメールで報告した相手がPだった(皮肉にもメールを送ったまさにそのとき、彼はペンダントを手がけてくれた宝石職人と一緒にいたんだ)。彼は「やばい」って表情の顔写真つきで返事をくれた。俺はついに彼から認めてもらったんだ。近ごろのレコード会社はどうかしていて、作品の成否やその影響力をアルバムの売上だけで判断しやがる。だからその当時、レコード会社はPの作品に失敗作の烙印を押した。彼が歌のなかで語りかけている相手というのは、ショッピングモールに出かけていって、万人向けのラジオ番組でかかるトップ10ソングを聴くような連中ではないってことがわからなかったんだ。彼の作品はそういうのとはまったく別次元のものであって、俺みたいな人間を本当の自分にしてくれる。つまり俺が言いたいのは、Pがいなければ俺みたいなやつの居場所も、いま君が読んでいるこの文章も存在しないってこと。だから要するにーーありがとう、ファレル・ウィリアムス。(オーケー、ベタ褒めするのはこの辺でやめにしよう)


Clipse - "Mr. Me Too (feat. Pharrell Williams)"


Pharrell - "You Can Do It Too"


Pharrell Williams - "CC The World (feat. Cara Delevingne)"



0 コメント:

コメントを投稿

 

T H A T S * I T C R A Y ! Copyright © 2011 -- Template created by O Pregador -- Powered by Blogger