2015年10月25日日曜日

グレゴリー・ジェイコブズ『マジック・マイクXXL』〜俺はクッキーモンスター



『マジック・マイクXXL』(15年)が素晴らしい! たとえ苦難を伴うとしても「好きなこと、やりたいこと」に情熱を注いで生きることの尊さを描いているところに感銘を受けた。ダンスコンテストに向かう道すがら、トレーラーのなかでマイクとリッチーが演目内容をめぐって意見を対立させる場面、客受けは保証されているが好きでもない使い古した型に固執するリッチーに対して、マイクは自分のやりたいことに新しく挑戦すべきだと主張する。マイクの助言を聞き入れ、見事に新境地を開拓したリッチーと、それを我が事のように喜ぶ仲間たちとのブロマンス溢れる友情描写は、涙なしに観られない。リッチー以外の仲間たちも、それまでのやり慣れた型を捨て、歌って踊れる俳優を志すケンは「歌」、フローズン・ヨーグルト事業での成功を夢見るティトなら「調理」といった具合に、それぞれの得意分野を取り入れた新しいダンスを考案して最後の大舞台で披露する。
 好きなことに対して忠実になるということは、言い換えるなら欲望に従って生きるということでもある。それはこの作品が描く女性の「性の解放」というテーマともつながってくると思う。あれ、でも言い出しっぺのマイクが最後に披露したダンスは彼が情熱を注ぐ「家具」と全然関係なくね?と思いきや、キッチンでマイクがゾーイと交わした台詞「俺はクッキー派(I'm a cookie guy)」が思い出され、ああそうか、きちんとマイクの「好きなもの」が表現されていることに気づくのであった。エロいぜ、マイク。

クッキー、クッキー、クッキー、俺はクッキーモンスター
後ろから貫き、ロブスターみたくパックリ開く
プッシーをキルして墓穴を掘る
彼女に握られてまるで木の棒
彼女のそれを俺の顔に持ってくる
雨を降らすぞ、ザーザー降らすぞ

うーん、まるでオレオのよう
オレオみたいに真ん中を舐めるのが好きなんだ
オレオ、オレオ、まるでオレオのよう
一口かじって中に入りたいよ 君がいくまで


R. Kelly - "Cookie"


Magic Mike XXL Official Teaser Trailer



0 コメント:

コメントを投稿

 

T H A T S * I T C R A Y ! Copyright © 2011 -- Template created by O Pregador -- Powered by Blogger