2015年6月27日土曜日

『Cherry Bomb』批判にタイラー・ザ・クリエイターが反論



 昔の鬱屈したタイラー・ザ・クリエイターが好きだったと語る元ファンの少年が、タイラーをオワコン判定したところ、タイラー本人がそれに反論した。その元ファンの主張を要約すると以下の通り。『Cherry Bomb』(15年)のタイラーは高級車やジュエリーを見せびらかす自惚れに成り下がってしまった。女子とのトラブルに悩む、鬱々としていた頃のタイラーには共感できたが、いまはもうできない。

 ファンの心情にしてみれば、これまでのタイラーは父親がいない、学校になじめない、女子にモテない、そんな“ないない尽くし”の冴えない日常を送る「俺たち」の代弁者だったのに、少し有名になって小銭を稼いだからって、急に「翼を見つけろ」だなんて説教垂れやがって、といったところだろう。キャリアの初期から追いかけている熱心なファンであればあるほど、『Cherry Bomb』で「サッド」から「ハッピー」になったタイラーに当惑してしまうのは、女子をプロムに誘うも断られ、腹いせに凶行におよぶ「Sarah」など初期の暗い楽曲郡を思い返せば当然のこと。『Cherry Bomb』に収録の「2 SEATER」でタイラーは、ガールフレンドを愛車のBMWの助手席に乗せて疾走する。裏切られた気持ちになるのも、わからないでもない。でもタイラーも反論に書いているように、アーティストは成長し、変化していくもの。同じことをいつまでもつづけるわけにはいかない。タイラーがすばらしいのは、そうしたファン心理をきちんと理解したうえで発言しているところだ(好きなアーティストの特定の時期に固執してしまうのはわかる、俺もやってしまうから)。それに、タイラーが「翼を見つけて」ほしいと語りかけている相手というのは、そういったポジティヴなメッセージに反感を覚えてファンを辞めたという今回の少年のような人物なのではないだろうか。ネットばっかやって、だらだらと現状への不満や文句を垂れているのではなく、目標を持って行動を起こせ、と。タイラーが「FIND YOUR WINGS」の三語に込めたメッセージが、元ファンの少年に伝わらなかったのが残念でならない。



0 コメント:

コメントを投稿

 

T H A T S * I T C R A Y ! Copyright © 2011 -- Template created by O Pregador -- Powered by Blogger