2015年4月26日日曜日

タイラー・ザ・クリエイター「SMUCKERS」〜You ain't got no fuckin' Yeezy?



『Cherry Bomb』(15年)の聴きどころは何と言ってもKanye West(カニエ・ウェスト)とLil Wayne(リル・ウェイン)が参加した"SMUCKERS"だろう。曲中でリル・ウェインがTyler, The Creator(タイラー・ザ・クリエイター)のことを「Slime」認定しているのが感慨深い(Slimeはスラングで「仲間、ダチ、ブラザー」ぐらいの意味。ちなみにミックステープ『Slime Flu』シリーズなどの作品で知られるVado(ヴァドー)の話によれば、同語は名詞形でも動詞形でもなんでも有りなんだとか)。さらにそれに対してタイラーがリル・ウェインのことを「Tune(ちゅん)」と呼んでいるのがこれまた感慨深い(Tuneはリル・ウェインの祖母が彼に付けたあだ名。舎弟のDrake(ドレイク)だってそんな風にリル・ウェインのことを馴れ馴れしく呼んだことはないのではないか。リル・ウェインと親しげにヴァースを交換しあうタイラーに嫉妬したドレイクがハンカチを噛む姿が頭に浮かぶ)。タイラーが以前、オッド・フューチャーのコンピレーション・アルバム『The OF Tape, Vol.2』(12年)の収録曲"Rella"において、(カニエの"Dark Fantasy"から引用、意味をツイストさせて)「You ain't got no fuckin' Yeezy?(カニエと共演したことねえのかよ?)」なんてことをふざけ半分に言っていたことを思い返すと、"SMUCKERS"でついに果たしたカニエとの念願の共演の感動もひとしおである。


You Ain't Got No Fuckin' Yeezy?


Hodgy, Domo Genesis & Tyler, The Creator - "Rella"



1 コメント:

だめだるま さんのコメント...

記事が洞察に富んでいて楽しく読ませてもらっています^^
ちなみにdrakeのYOLOのなかには
Tell Tune, "Light one, pass it like a relay"(tuneに連絡して薬でもマワそうぜ)
なんてlineが。

コメントを投稿

 

T H A T S * I T C R A Y ! Copyright © 2011 -- Template created by O Pregador -- Powered by Blogger