2015年4月19日日曜日

リュダクリス『Ludaversal』



 Tyler, The Creator(タイラー・ザ・クリエイター)が以前、Ludacris(リュダクリス)に対して、「リュダクリスへ、昔はクソ最高だったのにどうしちまったんだ。今のアンタの曲はゲイみたいなパーティーチューンばっかり。俺が好きだったあの頃のアンタに戻ってきて欲しい」と愛憎入り混じる辛辣なツイートをしているのを読んで、そのときは確かにその通りだなと思ったし、勢い余って「今のリュダクリスって映画『ハッスル&フロウ』(05年)で演じた、売れてダサいことやってるセルアウトラッパーを地で行っているな」などと悪口を言ってしまったのだけれど、『Ludaversal』(15年)を聴いて、それが軽率な発言だったと猛省している。ごめんなさい、リュダクリス。『Ludaversal』最高です。収録曲"Call Ya Bluff"でリュダが言う「てめえ、曲のなかでは勇ましいこと言ってるけどよ、俺の目を見て同じこと言えるのかよ?はぁん?(大意)」はもちろん、彼のことを悪く言う他のラッパーたちに向けられたものだが、同時に悪口を言った自分のようなリスナーも責められているみたいで、聴くたびにギクリとする。途中「8時間勃ちっぱなしで困ってますぅ〜(泣)」なんて大爆笑必至のスキットもあるくらいで、アルバム全編を通してライムにギンギン感が漲っている。とくにギラギラしているのがパンチライン続出の"Beast Mode"。ベスト・パンチラインは「ウィル・アイ・アムにカットを頼まれた理髪師みたくラッパーたちを困惑させる」



Ludacris - "Beast Mode"


Ludacris - "Call Ya Bluff"



0 コメント:

コメントを投稿

 

T H A T S * I T C R A Y ! Copyright © 2011 -- Template created by O Pregador -- Powered by Blogger