2014年12月7日日曜日

ロジック『Under Pressure』



 ロジックのデビューアルバム『Under Pressure』(14年)がすばらしい。“トラブルだらけの粗悪な生活環境が生んだ善良な若者”というと、またしても、というか、どうしたってケンドリック・ラマーと比較してしまう(裏を返せば『good kid, m.A.A.d city』(12年)がそれだけエポックメイキングな作品であることの証左でもあるわけだが)。もしくは、SIMI LABのRIKKIを引き合いに出してもよいかもしれない。きょうだいが揚げ物を調理しているすぐ側でクラックの“調理”が行われ、目を移せば別のきょうだいが男に暴行されている。家に帰るとドアに立ち退きを命じるテープが貼られていたことも。母は薬物中毒、父はどこをほっつき歩いているのやら……といった具合に、ロジックの育った家庭環境はかなり悲惨なものだ。ケンドリックの名前を出したくなるのは、ロジックもそうした環境に育ちながらも、周囲に流されることなく品行方正にやっているから。ドラッグの売人だった兄を筆頭に周囲にギャング活動従事者が多くいたにもかかわらず、決してそれらには加わることなく、あくまで傍観者であったというロジックの立ち位置は、ケンドリックと同じだ(Gang Related)。またロジックは品行方正なうえに真面目でもある。「Soul Food」では、きょうだいに暴力をふるう男に復讐心を抱くも「ぶっ殺してやりたい!けどできない、それは悪漢のすることで俺は違う」とおのれを律する。なんと真面目なこと!
 このたびデフジャムからめでたくメジャーデビューをはたしたロジック。成功につきものの「友人・知人の増加」を、ご多分に漏れずロジックも経験したようだ。タイトル曲「Under Pressure」のフック部分では、電話でカネの無心をしてくる輩を「お前らにくれてやれるのは電話の発信音だけ」と一蹴する(ミックステープ『Young Sinatra』シリーズ3作に登場する、ロジックを利用して金儲けをしようと電話で執拗にレコード契約を迫る「Sell Out Records」のマーティ・ランドルフを思い出させる)。この曲ではロジックの父が新しい恋人と遊ぶためのカネ欲しさに電話をかけてくるが、いま言ったようにロジックは電話に出ず、仕方のない父は留守番メッセージを残している。でもクソ真面目なロジックのことだから、本当はきちんと家族に仕送りしているにちがいないのだ。


Logic - "Under Pressure"



0 コメント:

コメントを投稿

 

T H A T S * I T C R A Y ! Copyright © 2011 -- Template created by O Pregador -- Powered by Blogger