2014年12月28日日曜日

TOP 3/2014


TOP 3/2014

#1. SIMI LAB - PAGE2:MIND OVER MATTER

 一段と増した「チーム感」に兎に角やられた。「チームもの」アメコミ作品から名前を拝借した「Avengers」という収録曲一つとっても、彼らがグループであることにこれまで以上に自覚的であることがうかがえる。豪華盤に付属する本作の制作過程を追ったドキュメンタリーDVDでも冒頭部分で”事件”に見舞われ当惑するメンバーたちの姿が映し出されているが、前作『Page1:ANATOMY OF INSANE』(11年)から本作に至るまでの間にSIMI LABはメンバーの脱退(そして加入)を経験している。このこともチームとしての結束力の強化に寄与しているのだろう。そうそう、そのドキュメンタリーDVDの出来もたいへん素晴らしい。枕投げの和気あいあい感たるや! そういった遠征先の宿で見せるコミカルなオフシーンも見所だが、後半のスタジオ作業風景も見応えたっぷりで、普段スタジオのなかで何が行われているのか知らない者としては、「Yawn」のフックを歌うMARIAの節回しについて真剣に議論を交わす一幕が非常に興味深かった。映画『アクト・オブ・キリング』と並ぶ、2014年を代表するドキュメンタリー作品であることは間違いない。またグループの連帯感の高まりは、もちろんリリックの端々にも顕れている。「Kommunicator」でのOMSBのリリックが印象的だ。

実際問題人類みな兄弟は嘘だ
To so hardみた事ない空想だ
有色な人間は黄色や白や黒、
いつだって中傷だ
What's love?うわっ面剥がせば
Blood Apocalypse now
でも小馬鹿にしあう
分かりあうこと放棄しPain分かち合う
全てじゃねえがこんなんばかりだ
でもSIMI LAB、俺の仲間だ
肌は違うけど俺の居場所
MiracleなTeam俺の死に場所
仲間でいてくれてどうもありがとう

仲間との絆について熱く語ることは、ややもすれば内輪ネタに聴こえがちというか、程度によってはときにかっこ悪い印象を与えかねない。でもSIMI LABの場合全くそういった事態に陥っていないどころか、むしろ積極的に彼らの出会いを祝福したくなるのは、各メンバーがSIMI LAB加入以前に経験した差別や迫害、心に抱いていた孤独や疎外感を、前作であったりメンバーそれぞれのソロ作で聴いて知っているから。雑誌『Winkle』のインタビューでMARIAが語る、当時まだひとりで活動していたRIKKIのグループ加入にまつわるエピソードは非常に心温まる。

MARIA:RIKKIを入れようよって思ったときがあって、GRINGO(SIMI LAB主催のパーティ)で自分たちのリハーサル終わったあと、そのときRIKKIはまだひとりでやってたからひとりでリハやってるの観てて。なんであそこでRIKKIひとりなんだろうって気持ちになって、その時点で仲間っぽくない?って。こっちにくるのが普通っていうか。(『Winkle』VOLUME01)

彼らの「チーム感」がもっとも色濃く出た「Circle」は、言うまでもなく「円」と「縁」のダブルミーニングだろう。縁がつないだ点(=シミ)は線になり、更に円となった。SIMI LABは向かうところ敵なしの最強のチームだ。


SIMI LAB - "Avengers"

#2. LOGIC - UNDER PRESSURE

 “ゲイザースバーグのグッド・キッド”こと、Logic(ロジック)のメジャーデビュー作。と勝手に通称を付けてしまいたくなるぐらいだから、Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)との比較を禁じ得ない。非常に“ラフ”(rough過ぎてlaughなんて無理!)な少年期を過ごし、その反動で(?)ポジティヴ思考になったという点ではRIKKIの『BLACKGATE』(14年)とも共振。


Logic - "Under Pressure"

#3. YG - MY KRAZY LIFE

 ギャングスタ未満のヤンキー物語。リークされたケンドリック・ラマーの次作のトラックリストに「Both Sides of Story」というタイトルの曲を見つけ、コンプトンの善良少年と悪童がついに共演か?と心躍らせるも、偽の情報とのことで残念。


YG - "Do It to Ya (feat. TeeFlii)"



0 コメント:

コメントを投稿

 

T H A T S * I T C R A Y ! Copyright © 2011 -- Template created by O Pregador -- Powered by Blogger