2014年12月23日火曜日

ニッキー・ミナージュ「Feeling Myself」〜フェミニズムの行き着く先



 なんじゃこりゃ。ニッキー・ミナージュの3rdアルバム『The Pinkprint』(14年)に収録の「Feeling Myself (feat. Beyoncé)」を聴いて、ぎょっとした。フェミニズムの行き着く先を見た気がする。
 国連の「UNウィメン」親善大使に任命されたエマ・ワトソンによる力強いスピーチ、女性の自己実現に王子様の愛は必ずしも必要でないと説いたディズニー映画『アナ雪』、ランウェイを歩くモデルたちに女性の地位向上を訴えるプラカードを掲げさせたカール・ラガーフェルドによるシャネルのショーなど、今年は様々な場面において、フェミニズムの機運のよりいっそうの高まりが見られた一年だった。それらフェミニズム運動の延長線上に件の曲「Feeling Myself」はあると言えよう。
 ビヨンセはフックで次のようにくり返す「アタシは絶好調(I'm feeling myself)」。ビヨンセとニッキーが好調なのは誰もが認めるところだろう。ヒップホップ/R&B界の二大クイーンによるいわゆる“自画自賛”ソングというわけだ。しかしタイトルにもなっているこの"feel myself"というフレーズには俗語で「自慰をする」の意味があることを考えると……。そう、彼女たちは自慰に耽っているのだ。一般にセックスというと男性本位でおこなわれる印象が強いが、女だってやりたいときにやるのよ!(しかも男の力を借りることなく)といったところだろうか。だとすれば、それはすなわち男根主義的なヒップホップの世界でも、女性ラッパーが独力で男性ラッパーに負けず劣らず渡り合えるのだという宣言にほかならない。つまりは彼女たちのように才気ある独立した女性には、男なんぞ不要であると遠回しに言っているのだ。これがただのしゃれやかけことば(ルビ:ダブル・アンタンドレ)でないことは、ふたりの前共演曲「Flawless (Remix)」が女性への応援歌であったことを思い出せばわかる。客演参加しているふたりのレーベルメイト、リル・ウェインとドレイクとの“お肉の関係”(ルビ:ペログリ、©田中康夫)を否定するところから歌い始めるという一風変わった趣向の一曲「Only」(『The Pinkprint』収録)でも「独立した女性(independent bitch)」が奨励されている。これぞフェミニズムの極北か。


Nicki Minaj - "Feeling Myself (feat. Beyoncé)"


Beyoncé - "Flawless (Remix) feat. Nicki Minaj"


Nicki Minaj - "Only (feat. Drake, Lil Wayne & Chris Brown)"



0 コメント:

コメントを投稿

 

T H A T S * I T C R A Y ! Copyright © 2011 -- Template created by O Pregador -- Powered by Blogger