2014年12月13日土曜日

デヴィッド・フィンチャー『ゴーン・ガール』



 デヴィッド・フィンチャーの『ゴーン・ガール』(14年)を観た。劇中歌として、Kreayshawn(クレイショーン)の"Left Eye"が使用されているのが面白い。"Left Eye"が使用されている理由はもちろん、この曲がTLCの故Left Eye(レフト・アイ)が浮気相手への仕返しにその男の家を燃やしたという逸話を引用した「復讐ソング」であり、同じように旦那ニック(ベン・アフレック)に浮気され、壮大な復讐劇を演じる失踪中の妻エイミー(ロザムンド・パイク)の心情を代弁しているからだろう。クレイショーンの歌は本作にうってつけなわけだけど、デビューアルバム『Somethin 'Bout Kreay』(12年)が商業的に大コケしてその後とんと名前を聞かなくなったクレイショーンも違う意味で「ゴーン・ガール」なのが何とも皮肉である


Kreayshawn - "Left Eye"


映画『ゴーン・ガール予告編』

0 コメント:

コメントを投稿

 

T H A T S * I T C R A Y ! Copyright © 2011 -- Template created by O Pregador -- Powered by Blogger