2012年5月2日水曜日

I Don't Like〜洗練されたバカ



"BANG, BANG"
DJ Kenn
 "BANG, BANG"「バン、バン(というか、バイン、バイン)」が頭から離れない。
 チーフ・キーフが呪文のように繰り返すあのアドリブだ。チーフ・キーフはイリノイ州シカゴ在住、現在若干16歳のティーンラッパー。昨年10月にミックステープ『Bang』を、そして今年3月に『Back from the Dead』をリリース(前者は、右も左も分からないシカゴの路上を歩いていたところをチーフ・キーフの叔父に拾ってもらったという日本人プロデューサー、DJケンが大半の曲を制作している)。どの曲を聴いても、耳に残るのは彼の口から言い放たれる"BANG, BANG"という銃声音。いうなら、この「バイン、バイン」の響きとノリだけで強引に作品を聴かせる、といっても過言ではないぐらい印象的で中毒性のあるフレーズ。だが彼の銃が火を吹くのは、なにも楽曲内に限った話ではないようだ。

 昨年12月、チーフ・キーフは武器の不当使用で逮捕され、自宅監禁を強いられるハメになった(ミックステープ『Back from the Dead』のタイトルは、このときの警察とのいざこざで、彼が死んだとの噂が流れたことに由来)。しかしこの一件が彼の名を世に知らしめる起爆剤となる。
 チーフ・キーフの出所後、その知らせに歓喜する少年の様子を収めたビデオがポータル動画サイト「WORLD STAR HIP HOP」にて公開されたのを機に、「チーフ・キーフって誰?」と当時シカゴの限られた地域以外では無名であった彼に一気に注目が集まり始めた。見知らぬラッパーをめぐりネット上で巻き起こるバズを受け、シカゴのヒップホップ・シーンを紹介するブログ「Fake Shore Drive」がミックステープと共にチーフ・キーフを取り上げたことで、そのバズはさらに拡大した。瞬く間に彼の名前はシカゴのストリートを飛び出し、広く世に知れ渡ることに。その人気の高まりは今日、キャッシュマネーのボス、バードマンが彼との契約を希望するまでにいたっている。


Chief Keef - "Bang"

「オレ嫌い」
 先に述べたバードマンをはじめ、「Bang」のリミックスを発表したリル・Bや、インタビューでチーフ・キーフの名前を挙げたダニー・ブラウンなど、業界内でチーフ・キーフに関心を示す者は少なくない。そんな彼に魅せられた者の一人が「I Don't Like」のリミックスを発表した、同じくシカゴ出身のカニエ・ウェストである。
 カニエの新曲「Theraful」(のちに「Way Too Cold」にタイトル変更)でマイクを握るDJファリスの話によれば、なんでも「I Don't Like」はカニエにとって、あの「Niggas In Paris」に次ぐ2番目のお気に入り曲なのだという。この話からはカニエの相当な入れ込みようが窺えるが、いくらなんでも2番目とはにわかには信じがたい。しかし、カニエの性格と"I don't like"「オレはキライ」という楽曲のテーマを考えれば、納得がいくような気もする。


Chief Keef - "I Don't Like (feat. Lil Reese)"

"A snitch nigga, that's that shit I don't like"
(告げ口するやつ、オレ嫌い)

"A popped bitch, that's that shit I don't like"
(ブスな女、オレ嫌い)

"Fake Trues, that's that shit I don't like"
(バッタもんのトゥルー(レリジョンのジーンズ)、オレ嫌い)

 チーフ・キーフの「I Don't Like」は、いわば彼の「嫌いな物リスト」。このように「これ嫌い」「あれ嫌い」と言いたい放題に自分の好き嫌いをぶちまける様子は、あの年齢で銃を握る反面、いかにも16歳のティーンエイジャーといった感じである。
"Imma let you finish!"
そこで思い出してほしいのが、カニエのこれまでの言動と失態の数々だ。2005年にハリケーン・カトリーナがアメリカを襲った際の「ブッシュ大統領は黒人のことは何も考えていない」発言、2006年のMTV Europe Music Awardsで自身の「Touch the Sky」が賞を逃した際の受賞者スピーチの妨害、そしてまだ記憶に新しい2009年のMTV Video Music Awardsにおける受賞スピーチの妨害(俗にいう「テイラー・スウィフト事件」)など、カニエは自分の意に反すること、嫌いなものに対しては(チーフ・キーフと違い、もういい大人だというのに!)場所や分別をわきまえることなく、素直に「嫌だ、キライ」と言ってしまう子供じみた性格の持ち主である。ちなみに「Mercy」では、

"Don't do no press but I get the most press, kid"
(ベンチプレスはしないけど、プレス(報道陣)はたくさん呼んでしまう俺)

Kanye West - "Mercy"

と、毎度お騒がせな自らのことを自嘲気味に歌っている。そんな自称"Sophisticated ignorance"*注「洗練されたバカ」のカニエだけに、ひたすら「~が嫌い、~が嫌い」と歌うチーフ・キーフの"I Don't Like"に惹かれ、「俺も嫌いって言いたい!」と思うのは自然な成り行きのような気もする。

*注:「Otis」より

 そして、いざカニエによる「I Don't Like」のリミックスを聴いてみたところ、ここでこれまで書いてきたことも、あながちただの邪推ではなかったように思う。

"The media crucify me like they did Christ/They want to find me not breathin' like they did Mike"
(マスコミ連中はイエスをはりつけにしたみたく俺を苦しめやがる/あいつらはマイクにしたように俺を殺したいんだ)

Kanye West - "I Don't Like (Remix)"

 カニエの「I DON'T LIKE=嫌いなもの」はマスコミだ。過去にマスコミから受けてきたバッシングを未だに根に持っているようである。ここではマスコミの過剰な報道が、薬や麻酔等の使用につながり、それが結果として彼を死にいたらしめたという意味で、間接的にだがマスコミに殺されたとも言えるマイケル・ジャクソンと、同じように事あるごとにマスコミに叩かれてきたカニエ自身を重ね、「やつらは俺も殺そうとしてる」とマスコミを揶揄(と同時に、常に世間が目を離さなかったマイケル・ジャクソンのスター性と自分のそれとを重ねている?)。
 やはりカニエは「王座」からライバルたちを見下ろす一方で、見上げたその視線の先にチラつく、亡き「キング・オブ・ポップ」の影を追っているのかもしれない。ただ、人生の絶望から大傑作『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』(10年)を生んだように、こうやってバッシングをクリエイティヴィティの糧とし、ラップで思いの丈を述べ、憂さ晴らしをしている分には、アーティストとして今後その高みに達しようとも、マイケル・ジャクソンのような悲劇を辿ることはないだろうと思う。


References:
http://gawker.com/5892589/hip+hops-next-big-thing-is-on-house-arrest-at-his-grandmas-meet-chief-keef
http://somanyshrimp.com/2012/03/22/bang-the-launch-of-a-16-year-old-chicago-rapper/

0 コメント:

コメントを投稿

 

T H A T S * I T C R A Y ! Copyright © 2011 -- Template created by O Pregador -- Powered by Blogger